サウナアイテム

【□→■】サウナ・銭湯に行く前の持ち物【チェックリストあり】

サウナと銭湯に必要な持ち物
  • サウナに何を持っていけばいいかわからない‥
  • 銭湯に行くときついつい〇〇を忘れて余計なお金がかかってしまう
  • サウナや銭湯に行くときのためのチェックリストが欲しい。

銭湯やサウナに行くときについつい忘れ物をしてしまい、快適に過ごせない・追加の料金がかかってしまったことはないでしょうか?

そのような方のために今回はサウナ・銭湯に行く前のチェックリストを作成しました!

ぜひサウナ・銭湯前にチェックして、忘れ物なく、サウナを快適に、銭湯で余計なお金をかけずに楽しんでください。

なお、着替えも持っていくと帰宅後がスムーズです。

サウナに必要な持ち物

サウナに必要な持ち物サウナに持っていく必要のあるものは以下の4種類です。

  1. 財布
  2. スマートフォン
  3. スマートフォンの充電器
  4. サウナハット

ここでは主にカプセルホテルのサウナを想定しておりますが、その他のサウナにも応用可能です。

ただし、銭湯に併設されているサウナの持ち物は下の「銭湯に必要な持ち物」をご参照ください。

多くの施設では、タオル・バスタオルは無料で貸し出されることがほとんどです。

また、浴室内にはボディーソープ・シャンプー・リンスも常備されており、サウナ後には化粧水・保湿剤も用意されております。

そしてサウナ後の休憩所にはお茶や水分は自由に飲むことができ、リクライニングチェアでゆっくり漫画を読んだりスマートフォンをいじることもできます。

①財布 ②スマートフォン

いずれも忘れる人はあまりいないと思いますので問題ないでしょう。

③スマートフォンの充電器

多くのサウナではfree-wifiがあり、自由にインターネットを利用できます。

コンセントが自由に使えることがほとんどのため、スマートフォンと充電器を持って行けば動画を楽むことも可能です。

サウナでみる動画といえば、サウナにちなんだドラマ”サ道”などもおすすめです。

DVD
ドラマ版サ道の感想・レビュー【その他のサウナドラマと比較】ドラマ版サ道に興味がある方に向けて参考になる記事を用意しました。今回の記事を読むことで「ドラマ版サ道の大まかな内容」や「他のサウナドラマとの比較」「(現時点での)サ道を視聴する方法」が理解できます。より良いサ活を求めている人はぜひこの記事を参考にしてください。...

また動画を見る場合はイヤフォンもぜひ持っていってください。個人的に一番よかったイヤホンはAirPods Proです。

④サウナハット

サウナハットとはサウナのデメリットを防ぎ、サウナをより楽しむためのアイテムです。

持ち運びのできるサウナハットをお持ちの場合はぜひ持っていって使用してください。

サウナハットの必要性、選び方、購入方法に関しての詳細は以前の記事もご参考ください。

saunahat-effect-choice
【こんな人に必要】サウナハットの効果・素材・選び方サウナハットについて「よく知らないけど、興味はある」なんていう方も多いのではないでしょうか? この記事ではサウナハットの必要性・効果、サウナハットの種類・選び方、サウナハットの購入方法について解説しております。 サウナハットに疑問のある方はぜひご覧ください。...

銭湯に必要な持ち物

銭湯に必要な持ち物銭湯に持って行く必要があるものは以下の7種類です。

  1. 財布
  2. スマホ
  3. タオル
  4. バスタオル
  5. ボディソープ・シャンプー
  6. マイボトル(水分)
  7. 保湿剤

銭湯ではタオル・バスタオルは有料であることが多く、時にはボディソープやシャンプーなども有料です。

また湯上がりにゆっくりゲームを見るような場所はあまりなく、飲み物は水も含めて有料であることが多いです。

いずれも施設により違いはあるので行く前に確認は必要です。

①財布 ②スマートフォン

いずれも忘れる人はあまりいないと思いますので問題ないでしょう。

③タオル ④バスタオル

100〜200円程度でレンタルできることも多いため、会社帰りによる場合などに荷物を増やしたくない人は借りる方法もあります。

しかし、自宅から銭湯に行く場合にはこれらを持参することで、より割安に銭湯を利用できます。

⑤ボディソープ・シャンプー

ほとんどの銭湯にはボディーソープ・シャンプーは備え付けられておりますが、備え付けられていない銭湯に通っている方や、自分の肌にあった洗剤などを使用したい方は持参ください。

なお、私は全身シャンプーを持って行くことで持ち物を減らしております。

shampoo
【パレオさんも紹介】メンズにおすすめの全身シャンプー【銭湯・サウナにピッタリ】お風呂で顔と頭と体を洗うのが面倒になったことはありませんか?そんな時はCMなどでも最近みる全身シャンプーがおすすめです。今回は全身シャンプーのメリットとデメリット、実際に私が使用した全身シャンプー3つをご紹介させていただきます。興味がある方はぜひご覧ください。...

おすすめの全身シャンプーはパレオな男で有名な鈴木さんも紹介しているalaffiaです。

⑥マイボトル(水分・飲み物)

お風呂に入ると、汗が出て喉が渇き、いわゆる軽度の脱水状態になります。

販売されている牛乳やお茶を購入するのでも良いのですが、ちりも積もれば山となります。

これを機会にぜひマイボトルを購入し、持参してみてはいかがでしょうか?

最近は100円ショップでも十分なものが購入できるのでお勧めです。

おすすめのマイボトル【サウナには100均がBest】

⑦保湿剤

お風呂上がりには15分以内に保湿剤を使用することで肌の潤いを保つことができます。

サウナおすすめ保湿剤
【無印良品がコスパ◎】メンズサウナーにおすすめの保湿剤サウナにはスキンケア効果がありますが、それを最大化するためには、サウナ上がりのケアが重要です。しかし、サウナにはこれらが用意されていない施設もあるので持参する必要があります。 この記事ではサウナーにおすすめのスキンケア用品、サウナに持参するのに適した保湿剤を紹介しております。スキンケア目的にサウナを利用している方はぜひご覧いただき、自身に合うものをサウナに持っていってください。...

個人的には現在は無印良品のオールインワンジェルのクリアケアを使用しており、気持ちよく塗ることができ、肌の調子も良いのでお勧めです。

まとめ

サウナと銭湯に必要な持ち物

今回は銭湯・サウナに分けて持ち物リストを作成しました。

銭湯の方が割安な分必要な持ち物が多くなり、忘れると余計な追加料金がかかるためぜひこのチェックリストを活用して節約しながらサウナ、銭湯を楽しんでいきましょう。

節約することで、より多くの回数銭湯やサウナに行くことができますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA