サウナ×ととのう

サウナでととった時の感覚【めまいと間違うと危険】

ととのう
  • ととのうってどんな感覚?
  • めまいとは違うの?危ない?
  • 安全に入るために大事なことは?

整う(ととのう)感覚を知りたいと思ったことはありませんか?

整う(ととのう)感覚とめまいを混同している人も多く、この違い理解することは重要です。

この記事では整う(ととのう)感覚とめまいの感覚の違いをまとめており、さらに安全にサウナに入るためのポイントを記載してあります。

もちろん私の経験だけでなく、書籍やSNSなどからさまざまな人の整う(ととのう)感覚も紹介いたします。

私自身も以前はめまい感を整う(ととのう)感覚と勘違いしており、水風呂に入りすぎて激烈に気持ち悪くなってしまいましたが、徐々に整う(ととのう)感覚がわかってきました。

あなたも今回の記事を読むことで、整う(ととのう)感覚・めまいの違いを理解でき、より安全にサウナを楽しむことができるようになるでしょう。

ととのう感覚について自信がない方、他の人の感覚も知りたい方はぜひご覧ください。

この記事のネタバレ
  • 【整う(ととのう)感覚】浮遊感、気持ちいい、頭はスッキリ
  • 【めまい感】視界がぐらつく、気持ち悪い、場合によっては倒れる
  • 【安全のためのポイント】無理せず、水を飲んで、酒を飲まない

いろんな人のサウナで整う(ととのう)感覚

ととのうマンガ「サ道」第二巻より引用

そもそも、整う(ととのう)とはサウナ後に訪れるサウナでえられる最大の快感のことで、多幸感・ディープリラックス・サウナトランスとも表現され、まさに上の画像のような状態です。

  • とても気持ちいい
  • リラックス
  • 頭/思考は冴えている

書籍で表現されているサウナで整う(ととのう)感覚

さまざまなサウナ本の中で表現されている整う(ととのう)感覚を列挙します。

  • 脳に酸素がゆきわたる
  • 多幸感、ディープリラックス、サウナトランス

サ道(タナカカツキ著)

いわゆるサウナの普及に最も貢献した本であり誰でもわかりやすい表現です。

  • サウナ後の心身ともに非常に調子の良い状態
  • リラックスしているけれども眠くない
  • むしろ意識はハッキリしている状態

医者が教えるサウナの教科書(加藤容崇著)

  • 心と体がリフレッシュされた調和の取れた理想的な状態
  • 恍惚感、トランス状態、ランナーズハイに似ている

人生を変えるサウナ術(本田直之・松尾大著)

サウナ有名人が表現するサウナで整う(ととのう)感覚

  • 全身性感帯
  • 合法でブッキマッてる(笑)

中田敦彦のYoutube大学(藤森慎吾氏談)

さすが藤森先生、表現が匠です。

SNSで表現されているサウナで整う(ととのう)感覚

SNSでのサウナ好きの方々の意見も紹介させていただきます。

私の考えるサウナで整う(ととのう)感覚

僭越ながら私の感覚も記載させていただきます。

全身がズーンと沈み、一方意識は浮遊するような心地よい感覚がある時、「ととのった」と

以前の記事<サウナで整う(ととのう)3つの方法・5つのコツ>でも記載したように、「副交感神経によるリラックス」×「脳内ホルモンによる快感」=「ととのう」だと思っております。

めまいの感覚とサウナで整う(ととのう)感覚の違い

サウナでめまいを起こすメカニズム

サウナでめまいのメカニズムマンガ「サ道」第二巻より引用

めまい(めまい感)とは普通に立っているだけでも、回るような感覚や「フラフラする」「グラグラする」感覚のことです。。

眼・耳・脳の異常などで生じることもありますが、サウナで生じるめまいは一時的な脳血流の低下によるものです。

水風呂の水圧と冷たさで収縮していた手足の血管が、拡張することで一時的に脳の血液量が減少することであり、「立ちくらみ」「貧血(いわゆる校長の朝礼)」のようなものです。

めまいの感覚・症状

めまいの症状マンガ「サ道」第二巻より引用

気持ちの良い整う(ととのう)とは異なり、非常に気分が悪くなり、視界が白くなったり、狭くなったり、視野がぐらぐらしたりという症状が出現したりします。

軽いものであれば体がふらつく程度ですが、この感覚と整う(ととのう)を勘違いしないようにしてください。

ふらつきなどが出たらすぐしゃがんで転倒を防ぎ、可能なら水分を摂取して、休みましょう。周りの人に助けを求めても構いません。

特に高齢の方や、心血管系の基礎疾患をお持ちの方は注意が必要です。

安全に入るために大事な3つのこと

整う(ととのう)感覚とめまいの感覚を理解したら次はめまいを起こさないようする特に重要なポイントをお伝えいたします。

サウナでの安全のための①無理しない

サウナはもちろん、水風呂も我慢しすぎないことが重要です。

特にぬるめの水風呂は出るタイミングを逸してしまいがちなので、サウナや水風呂を出る基準を決めておくと良いでしょう。

サウナでの安全のための②脱水状態を避ける

脱水=血液の量も少なくなっている状態なので、脳の血流が低下しやすいです。

サウナに入る間に、合間に思いついたら水分を摂取するようにしましょう。

サウナでの安全のための③飲酒後を避ける

アルコールも利尿作用(おしっこがよく出る)があるので脱水になりがちです。

飲むならサウナ前ではなく、サウナ後に(水分をとった後に)しましょう。

特に重大なサウナでの事故のほとんどが飲酒と関連したいたという海外の報告もあるので飲酒後のサウナは避けるほうが無難です。

まとめ

サウナで整う(ととのう)という感覚、整う(とのう)とめまいの違い、サウナを安全に入るための注意点を解説しました。

簡単にまとめると下記のようになります。

  • 整う(ととのう):浮遊感、気持ちいい、頭はスッキリ
  • めまい:視界がぐらつく、気持ち悪い、場合によっては倒れる
  • 安全のためのポイント:無理せず、水を飲んで、酒を飲まない

これらを理解をすることで、安全にサウナで整う感覚をマスターできるようになります。

ととのうことに関してもっと知りたい方は<完全解説シリーズ|サウナで【整う(ととのう)】>の記事もご覧ください。