サウナ×ととのう

【完全図解】サウナの入り方【まとめ】

sauna_method

サウナでととのう、という言葉を聞いてサウナに興味を持ち今度サウナに行ってみようと思っている方も多いかと思います。

しかし、このような疑問をもったことはないでしょうか?

基本的なサウナの入り方ってどうするの?
ととのうって何?
コツとかあるの?

私も最初はインターネットでよく検索しました。

今回はこの疑問に完全に答えるための図を用意しました。

sauna_methodサウナの基本的な入り方まとめ

以上!あとは本人の自由です!

・・・というのも寂しいので、以下にはその詳しい解説を行っていきます。

興味のある方はぜひご覧ください。

サウナの入り方の基本

まず、上記に入り方の時間など指定してありますが、本来サウナの入り方は自由であり決まりなどありません。

しかし何の目標もないと困るという方向けに、図解に一般的な時間などを記載しております。

体調やサウナの種類などに合わせて微調整をして全く問題ありません。

サウナの入り方①サウナ室

まず図解の通り無理のない範囲で8〜12分程度サウナ室の中で過ごします。

これに加えて私は「汗がダラダラ出る直前」を目安としております。

加えて、サウナ関連書籍に記載されている内容を抜粋比較してみましょう

脈拍が100/min、背中の真ん中があったまったら(医者が教えるサウナの教科書より

ストレスを感じる一歩手前、苦しい・つらい・熱いなどを感じたらすぐ出る(人生を変えるサウナ術より

8〜12分程度(サウナスパ健康アドバイザー公式テキストより

とされておりました。自分にとってわかりやすい目安をチョイスしてください。

サウナの入り方②水風呂

入るのに躊躇(ちゅうちょ)する方もいるかも知れませんが、「5秒だけ我慢しよう」と肩まで入って5秒我慢してみてください。

短時間でも熱せられた体が周囲の水を温め、少しだけ冷たさが和らぎます。

この水の層を「羽衣」と言います。羽衣さえ作られれば心地よい冷たさを長く味わうことができます。

ただし、水に流れのある水風呂ではこの「羽衣」が作られにくいので注意が必要です。

私は火照った足の指先が冷たさを感じるまで入浴します。

時計がないことも多いので、気持ち良くても程々でやめましょう

先程と同様に関連書籍には目安として下記のように書かれておりました。

脈が平常時に戻ったら、気道がスースーしてきたら(医者が教えるサウナの教科書より

サウナ滞在時間の1/3〜1/4(人生を変えるサウナ術より

気分良く体が冷えたら(サウナスパ健康アドバイザー公式テキストより

サウナの入り方③休憩(外気浴)

これまで熱くて冷たい辛い環境から抜け出し、自分の冷えた体が気温に近づいていく開放感を心ゆくまで味わってください。

ここでは自分の心地よさに集中していくことが最も大切かと思います。

図解にあるとおり、時間は気にしないで大丈夫、無制限です。

書籍にも目安などはなく、コツなどが書かれておりました。

最大のととのいは2分以内に到達するため水風呂からの時間は短い方がいい(医者が教えるサウナの教科書より

心ゆくまで(人生を変えるサウナ術より

となっております。

サウナでととのうとは?

サウナでえられる最大の快感です。

多幸感、ディープリラックス、サウナトランスとも表現されます。

サウナに入っている人の多くはととのうことが目的です。

ととのうに関しての詳細やコツに関してはこちら↓

https://sakaeya-kaeru.com/sauna_totonou_method/429/

まとめ

今回はサウナの入り方の基本、ととのうコツ、ととのう感覚をまとめました。

sauna_method

まずは図解を参考にして、その中で徐々に自分が気持ちいいと感じる方法を見出して行っていただければと思います。

<参考書籍>

  • サウナスパ健康アドバイザー公式テキスト
  • 人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?(本田 直之、他著)
  • 医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?
    (加藤 容崇著)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA