サウナ×ととのう

サウナの種類まとめ【目的に応じたの使い方】

  • サウナっていろんな種類があるけど、どう違うの?
  • どう使い分ければいいのかな?

いろんなサウナの施設に行くと、名前が書いてあるものの違いがよくわかりませんよね・・・、私もそうでした。

今回の記事では自分でもよくわからなかった”サウナの種類”を書籍などを調べて分類し、それぞれの特徴、どのように使い分けを行うべきかを記載しております。

特にいろんなサウナに行くことが多い方、明確な目的を持ってサウナに行く方はぜひ気になる箇所だけでもご覧ください。

この記事でわかること
  • 色んな種類のサウナを知ることができる
  • 目的別に様々なサウナを使い分けることができる

サウナの種類①温度と湿度による分類

最も一般的でよく目にする分類で、乾式サウナ・湿式サウナ・フィンランド式サウナの3種類に分けられます。

ドライサウナ・乾式サウナ

drysauna-steamsaunaサウナリゾートプレジデント公式HPより抜粋

ドライサウナとは高温低湿のサウナのことで、大体温度は80~100℃以上で湿度は10%程度。いわゆる”昔からあるサウナ”です。

慣れてくるとその後の水風呂の爽快感がハンパないのが利点です。

一方、湿度が少ない分、顔がヒリヒリ火照りやすく、皮膚や髪に対してもダメージが出やすいので、初心者の方や肌が敏感な方は避けたが無難です。

スチームサウナ/ミストサウナ・湿式サウナ

温度は40〜60℃と比較的低いものの、湿度は100%にもなるほどの低音多湿のサウナのことです。

”モクモク煙で室内が充満しているサウナ”で、扉はガラスのことが多いです。

湿度が高いため熱が身体に伝わりやすいのが特徴です。

湿度が高いのでスキンケアや体が少ない負担で効率的に体を温めることができるので「サウナの熱さが苦手」な方におすすめです。

しかし、湿気が苦手な方には不向きで、一部の施設にしかないというデメリットがあります。

フィンランド式サウナ

finlandsauna天空のアジトマルシンスパ公式HPより抜粋

乾式と湿式2つのサウナの中間的存在がフィンランド式サウナです。

ある程度温度が高く(80度前後)、かつ湿度も15〜20%とそれなりに高い、高温多湿のサウナです。

熱したサウナストーンにアロマ水などを柄杓(ラドル)でかける(ロウリュする)ことで得られる蒸気で部屋が暖められます。

肌にも優しく、体が温まりやすい、”ととのう”ためにも理想的なサウナです。

人気施設であることが多く、混雑しやすい。

小活|温度と湿度によるサウナの種類

これらの3つのサウナに明確な線引きはないようです。

  • カラカラでアツアツのサウナ→乾式サウナ
  • 霧がモクモクしたサウナ→湿式サウナ
  • ある程度湿度があり、ロウリュが行われているサウナ→フィンランド式サウナ

このように考えて良いでしょう。

個人的にはメリットやデメリットの観点からもフィンランド型サウナがおすすめです。

サウナの種類②熱源・サウナストーブでの分類

今度の分類方法はサウナの熱源が何か?で分類されております。

遠赤外線サウナ

FIRsaunaサンバーニング株式会社公式HPより抜粋

主にガスストーブからの遠赤外線を放射した輻射熱で温める方式のサウナです。

銭湯によくある昔ながらのサウナで使用されております。

このサウナで湿度を保つことはできないので、遠赤外線サウナ=ドライサウナと考えて良いでしょう。

ボナサームサウナ(格納式サウナ)

bonasaunaニューウイング公式HPより抜粋

 

サウナストーブが壁の中に格納されているタイプで、「サウナストーンもサウナストーブもない・・・?」と思ったらこのこのサウナです。

ヒーター内に水をかけることで湿度も保つことができるので、フィンランド式サウナと同様の利点を持つことができます。

ロッキーサウナ

rockysaunaMETOS公式HPより

サウナストーンが”山”のように積み上げられている場合に、ロッキーサウナと呼ばれます。

医師が積み重なり岩場のように見えることからでしょう。

サウナストーンで温度を維持しているので、ロウリュが可能で湿度を保つこともできます。

サウナの種類③その他の分類

ケロサウナ

kerosauna所沢ベッドアンドスパ公式HPより抜粋

ケロサウナとは木の宝石ともいえる貴重な材木の”ケロ”により作られたサウナです。

非常に心地よい、森のような香りがします

関東地区では3施設「かるまる」「ザベッド・アンドスパ所沢」「舞浜ユーラシア」ですが、未経験であればぜひ体験してみてください。

塩サウナ

salt

塩が置いてあるサウナのことで、塩を体の表面に塗ることで、体の表面の浸透圧が上昇します。つまり、発汗効果が高く、スキンケア・美肌効果が期待できます。(傷口や湿疹には避けてください)

湿式サウナに設置されていることが多いですが、乾式サウナに設置されていることもあります。

薬草サウナ

yakusousaunaミストサウナに薬草にて香り付けしたサウナのことです。ケロサウナの木の香りやロウリュのアロマ水とはまた少し違った、薬草の香り(ほとんどの施設でよもぎを使用)がします。

血行が良くなるなどのサウナが持つ効果を促進してくれるので、疲れが溜まってサウナにきた時などにおすすめです。

目的に応じたサウナの種類の選び方

せっかくサウナの種類をみたのでそれぞれの特徴から、適切なシーンについて考えてみましょう。

純粋にサウナを楽しみたいとき

一番自分が好きなサウナに行ってください。

サウナの温浴効果を最大化したいとき

フィンランド式サウナがおすすめです。

サウナの温浴効果とは簡単にいうと「体が温まること」で得られます。

温度・湿度共に高いフィンランド式サウナが最も体温が上がりやすく、サウナの効果・メリットを最大、さらにデメリットも最小限になるサウナです。

香りを楽しみたいとき

香りがメインのサウナは下記の3つです。

個人的にはやはりロウリュ・アウフグースサービスのあるタイミングを狙っていくと楽しむことができます。

  • ロウリュのあるフィンランド式サウナ
  • ケロサウナ
  • 薬草サウナ

スキンケア目的のとき

塩サウナがおすすめです。

サウナ自体がスキンケアには良いのですが、塩サウナは「サウナの温浴効果」+「体表面に塩を塗ることで発汗をさらに促す」ことができるので最強の美肌製造機と言えます。

まとめ|サウナの種類

様々な分類が混在していで混乱しやすいですが、サウナの種類を知ることで他の人と話すときに混乱せず話せます。

特に湿度が高いか低いかは、体の温まりまやすさ・サウナ内の辛さに直結するので湿度のみを気にするのがおすすめです。

ただし、知らなくてもサウナは楽しめますので気にしすぎないようにしましょう。

フィンランド式サウナを探したい場合は「サウナイキタイ」で「ロウリュ」「セルフロウリュ」「オートロウリュ」を検索すれば良いでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA