サウナ×基本

サウナの種類まとめ【目的に応じたの使い方】

目的地

サウナにはドライサウナ、ミストサウナ、フィンランド式サウナ、塩サウナ、薪サウナ‥と言うふうに様々な種類のサウナがあります。

そんな中、あなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

  • それぞれどう違うの?
  • 他にはどんな種類のサウナがあるのだろう?
  • どのように使い分ければいいの?

特に色んなサウナに行くようになると出てくる疑問だと思います。私もサウナに通い色んなサウナを体験することで、徐々にわかるようになりました。

以下はその解説をしておりますので、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • 色んな種類のサウナを知ることができる
  • 目的別に様々なサウナを使い分けることができる

サウナの種類

フィンランドサウナの画像フィンランド式サウナのイメージ

サウナには様々な分類方法があります。

温度と湿度の分類による名称

大きく3種類に分けられます、すなわち乾式サウナ・湿式サウナ・フィンランド式サウナです。

乾式サウナ(ドライサウナ)

高温で、湿度が低めのサウナのことで、大体温度は80~100℃以上で湿度は10%程度。

多くの施設にあり、いわゆる「昔からあるサウナ」です。

湿式サウナ(スチームサウナ/ミストサウナ)

温度は40〜60℃と比較的低いものの、湿度は100%にもなるほど高いサウナのことです。

「モクモク煙で室内が充満しているサウナ」で、扉はガラスのことが多いです。

湿度が高いため熱が身体に伝わりやすいのが特徴です。

フィンランド式サウナ

乾式と湿式2つのサウナの中間的存在がフィンランド式サウナで、ある程度温度が高く・湿度も15〜20%とそれなりに高いサウナです。

熱したサウナストーン、それにアロマ水などを柄杓(ラドル)でかける(ロウリュする)ことで得られる蒸気で部屋が暖められます。

こちらが最近流行っている「最近良く見るお洒落なサウナ」と考えて良いでしょう。

これらの分類には明確な基準はないですが、

  • カラカラでアツアツのサウナ→乾式サウナ
  • 霧のような、モクモクしたサウナ→湿式サウナ
  • ある程度湿度があり、ロウリュが行われているサウナ→フィンランド式サウナ

と考えて良いでしょう。

サウナの熱源/サウナストーブでの分類名称

サウナを温める装置のことをサウナストーブと言います。フィンランド式サウナではサウナストーンがサウナストーブになります。

遠赤外線サウナ

主にガスストーブからの遠赤外線を放射した輻射熱で温める方式のサウナです。乾式サウナ、銭湯によくある昔ながらのサウナで使用されております。

ボナサームサウナ

サウナストーブが壁の中に格納されているタイプです。「あれ熱源がないな・・・?」と思ったらこのこのサウナかもしれません。

こちらに関しては経験がないのであまり表現困難ですが、サウナの聖地「しきじ」にはこのタイプのサウナがあるようです。

その他の分類による名称

ケロサウナ

ケロサウナとは木の宝石ともいえる貴重な材木の”ケロ”により作られたサウナです。

非常に心地よい森のような香りがします(とてもおすすめ!)

関東地区では3施設「かるまる」「ザベッド・アンドスパ所沢」「舞浜ユーラシア」ですが、未経験であればぜひ体験してみてください。

ケロサウナ のイメージ
都内から気軽に行けるケロサウナ3選+1【@関東】サウナで香りを楽しむには”ケロサウナ”が最適です。 しかしケロサウナと言われてもピンとこない方も多いと思います。 この記事では「ケロサウナ 」について徹底的に解説し、関東近郊のケロサウナのある施設も紹介しております。ぜひご覧ください。...

塩サウナ

塩が置いてあるサウナのことで、塩を体の表面に塗ることで、体の表面の浸透圧が上昇します。つまり、発汗効果が高く、スキンケア・美肌効果が期待できます。(傷口や湿疹には避けてください)

湿式サウナに設置されていることが多いですが、乾式サウナに設置されていることもあります。

薬草サウナ

ミストサウナに薬草にて香り付けしたサウナのことです。ケロサウナの木の香りやロウリュのアロマ水とはまた少し違った、体にいい感じ(薬草)の香りがします。

サウナの種類のまとめ

様々な分類が混在しており、それが当初私が混乱している原因でした。

これらの組み合わせの一部を取り表現されるので、例えば薬草のスチーム(湿式)サウナは

このサウナは、この施設ではミストサウナっていってるけど、前の施設では薬草サウナって言われてたな・・・

という混乱をしていたわけです(私が)・・・。

目的に応じたサウナの使い方

せっかくサウナの種類をみたのでそれぞれの特徴から、適切なシーンについて考えてみましょう。

純粋にサウナを楽しみたいとき

好みです。一番自分が好きなサウナに行ってください。

サウナの温浴効果を最大化したいとき

フィンランド式サウナがおすすめです。

サウナの温浴効果とは以前の記事「サウナの効果について」でも書きましたが血流増加、発汗作用、回復タンパク質(HSP)増加、自律神経の活性化で、「体が温まること」でサウナの効果は得られます。

熱の伝わり方は湿度・湿度に依存します。よって温度・湿度共に高いフィンランド式サウナが最も体温が上がりやすくサウナの効果・メリットを最大化できるサウナです。

香りを楽しみたいとき

香りがメインのサウナは

  • ロウリュのあるフィンランド式サウナ
  • ケロサウナ
  • 薬草サウナ

となります。

個人的におすすめは埼玉県「おふろcafe utatane」で、自分の好みのアロマオイルをセルフロウリュに使用できるサウナコタ(サウナ小屋)があります。

スキンケア目的のとき

塩サウナがおすすめです。

サウナ自体がスキンケアには良いのですが、塩サウナは「サウナの温浴効果」+「体表面に塩を塗ることで発汗をさらに促す」ことができるので最強の美肌製造機と言えます。

塩サウナの入り方

塩サウナは体の表面の浸透圧を高くすることで、汗を汗腺から引っ張る作用があります。

少し汗がじんわり染みてきたときに塩を塗ると効果的です。

  1. まず少し汗が出るまでまつ
  2. 汗が出たらより汗を書きたい部分に塩を塗る(さっとでOK、傷口や湿疹にはNG!)
  3. 塩と汗を洗い流して出る

その他の水風呂、外気浴は同じです。

サウナ室内での汗の出方が段違いですよ。

まとめ

今回、サウナの種類、そしてそれらの使い分けに関してまとめました。

種類、分類を覚えることに本質的な意味はありませんが

  • 人と話すときに混乱せず、話せる
  • いろんなサウナの種類・特徴を知ることでより深く楽しめる

といった利点があります、少しだけ心に止めておくといいですね。

なおこれらのサウナは「サウナイキタイ」で検索することができます。「特徴から探す」を選択して、お好みのサウナにチェックしてください。

フィンランド式サウナを探したい場合は「ロウリュ」「セルフロウリュ」「オートロウリュ」全てにチェックを入れておけば良いでしょう

<今回参考にさせていただいたサイト、書籍など>

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ 著:タナカカツキ

サウナイキタイ:https://sauna-ikitai.com/

E-PARK:https://mitsuraku.jp/kiji/sauna-effect#i-2

Sauna time:https://saunatime.jp/articles/20/